意外と効果有な炭酸ダイエット

rainbow

僕がダイエットをしようと思った訳

昨年僕はあることが切欠で太ってしまった。ことの経緯はこうだ。僕はバイク便の仕事をしており、年中愛車で都内を走り回っている。そしてある雨の日、愛車のタイヤがスリップして転倒。大した速度ではなかったが、転んだ場所が悪かった。僕はすぐ側の電柱に左足を強打、骨折。幸いだったのは仕事中の事故でなかったことだ。

僕は救急車で病院に運ばれ、入院となった。足の骨折が直るまで絶対安静。仕事は出来ず、ストレスが溜まる日々。入院していても暇でお金もかかるだけなので早々に退院。バイク便の仕事はできないが、仕分け作業を手伝うなどをして少量ながら収入を得る。それで少しは気がまぎれたのだが、バイクに乗ることもろくに動くこともできない状況は、辛いものだった。

そしてストレスのはけ口となったのは、食べることだった。自宅で安静にしているとバイク便仲間が仕事の合間に訪ねてきて、お見舞い品をたくさん持ってきてくれた。ビールにおつまみ、お菓子、大量の食べ物と飲み物が家に山済みとなった。それらを毎日食べ、動くこともなければ太ってしまうのは当たり前のことだった。

■人生初のダイエットをすることに
数ヶ月の安静の後、ようやく仕事に復帰した。しかし体はすっかり鈍っており、バイクの運転にも違和感が感じられた。事故による恐怖は残っていなかったのだが、前のように上手く扱えない気持ちがあり、腕が大きく落ちたと思った。太ったことも影響はあったに違いない。事故前と比べて体重は5kgも太ったのだ。筋力は衰え、その分脂肪がついたことを考えれば、なおたちが悪い。

もともと痩せ気味な体質だったが為に「かえって少し太ってよかったんじゃないの?」と周りには言われたものの、自分としては情けない体になったものだとショックを隠せなかった。単純に考えて5kg太った分、バイクにかかるウエイトも5kg増したことになる。「それは気にしすぎ!」とライダー仲間には笑われたが、僕にとっては5kgの負担を愛車にかけることは気持ちが良いものではなかったのだ。これは僕の愛車に対する愛情表現でもあるのだ。

そういったわけで、僕はダイエットをすることにしたのだった。僕にとって人生初のダイエット。結論から言えば見事痩せることができた。期間は2ヶ月間で5kg痩せた。これからその成功したダイエットについて、少しずつ話してみようかと思う。