意外と効果有な炭酸ダイエット

rainbow

ダイエットを意識した朝食

昼と夜の食事には炭酸水を飲んで食欲をコントロールしている。朝食時には飲んでいない。でも朝食は朝食で一工夫している。僕の朝食は野菜と果物オンリーなのだ。なのでとってもヘルシーだ。

これをはじめた理由は、朝は重い食事を避けながらも豊富な栄養を摂取すると良い健康法を耳にしたからだった。朝食に野菜や果物を食べるという自然的な食事をする人がいるのは、そういった理由からというのもあるようだ。僕もそれに習い、朝は調理をあまりしない、自然そのものの食材を味わう食事にしたのだ。

野菜と果物を食べることの良いところは、食べ応えがある点もあげられる。食べるのにはちょっと時間がかかる分、満腹にもなりやすい。満腹になりやすければ、がっつりと朝から食べ過ぎてしまうことも無い。また、野菜や果物そのものの味を楽しむこともできる。加工食品ばかり口にしていて自然そのものの味は忘れがちだ。ダイエットを切欠に野菜をシンプルに食べるようになったお陰で、野菜が好きになった。

■野菜の正しい食べ方
野菜の食べ方は生、もしくは電子レンジで熱を加えた温野菜のどちらかだ。野菜の食べ方は生の方が良いという意見もあれば、熱を通したほうが良いという意見もある。どちらが正しいのかはさだかではない。生で食べることの利点としては、野菜の持つ栄養を壊すことなく摂取できる点、酵素が得られるという点などがあげられている。一方で生野菜は野菜のもつ微毒や農薬の残りをも口にしてしまう恐れがあるため、熱を与えたほうが良いとも言われているのだ。また、熱を通すことで逆に栄養素を摂取しやすくなる、油で炒めることで栄養吸収率が高まるなど、どの食べ方が一番とは決められないのだ。なので僕は、生野菜と温野菜の両方を食べるようにしている。

食べる野菜は特に決めていない。スーパーにいって美味しそうな野菜をその度に買っている。良く買うのは、トマトにナス、ピーマン、パプリカ、タマネギ、ニンジン、ゴーヤなど。特にゴーヤは嵌っている。非常に苦いのだが、癖になる。ダイエットをはじめるまでゴーヤは食べたいとも思わない野菜だったが、知人にもらったことを切欠に食べはじめ、好きになったわけでは無いが、栄養豊富なので嵌った。

果物は全て生で食べている。リンゴやバナナなど、定番どころを毎日少々。果物の食べすぎは糖分の過剰摂取となってしまうので野菜と違って食べ過ぎには気をつけている。

Comments are closed.